建設学部

建築士専攻科 最年少20歳で二級建築士を取得

本校の建設系学科を卒業後、最短で二級建築士が取得できるコースです。建設業界で働くためには資格が必須です。とくに二級建築士は重要な国家資格なので早期取得が求められ、就職活動でも大変有利になり大手企業にも就職出来ます。本校では毎年最年少、最短で二級建築士を誕生させています。
※入学条件:高校卒業以上で二級建築士受験資格保有者(本校の環境建設工学科・建築職人マイスター専攻科からの内部進学等)

在学中に「二級建築士」を取得

4年間大学で建築の勉強を行っても建築士の受験資格を取得できるだけ。日本工科大学校では、環境建設工学科、建築職人マイスター専攻科で2年間の専門課程を学んだのち、「建築士専攻科」に進学することで在学中に二級建築士を取得することができます。

「二級建築士」は、社会的に評価の高い国家資格。 「二級建築士」は、社会的に評価の高い国家資格。

チャート図

全国平均を大きく上回る合格率

20年前から行っている本校独自の受験対策システムで、年々難易度が高まっている二級建築士の資格を在学中に取得することができます。一級建築士の資格を持つ講師による本校独自のカリキュラムにより、毎年高い合格率で二級建築士を誕生させています。

二級技能士(建築大工・左官)を取得 二級技能士(建築大工・左官)を取得

「二級建築士」は
建設業界で必須の国家資格

設計士の仕事をするには「二級建築士」が必須です。また現場監督員の仕事をするには「施工管理技士」が必須ですが、「二級建築士」の資格があれば現場監督員の仕事も可能です。また、二級建築士の勉強で身に付けた製図や学科は一級建築士合格にも繋がっています。


「二級建築士」は日本工科大学校だからこそ取得できる。 「二級建築士」は日本工科大学校だからこそ取得できる。

日工大の力

木造二階建住宅が
身近にある環境で実物を見ながら理解

建設学部棟内で実際の木造建築を建てることが出来るため、身近にある実物の建築物を参考にできるので、教科書だけではイメージしにくい複雑な構造を実物を参考に学ぶことができます。

実習内容

学科試験・製図試験への徹底的な試験対策で最短での二級建築士資格取得を実現しています。

  • 学科試験対策

    学科試験対策

  • 設計製図試験対策

    設計製図試験対策

  • 企業実習

    企業実習


建設学部
  • 環境建設工学科 建築コース
    環境建設工学科 建築コース

    設計から施工まで、建築を総合的に学ぶ。

    目指せる職種
    設計士/施工監督員/インテリアデザイナー他
    目指せる資格
    建築士/施工管理技士/建築CAD検定/インテリアプランナー 他
  • 環境建設工学科 土木・造園コース
    環境建設工学科 土木・造園コース

    土木の基礎である測量・CADはもとより環境分野も学ぶ。

    目指せる職種
    施工監督員/測量士/土木コンサルタント/造園デザイナー 他
    目指せる資格
    施工管理技士/測量士/建築士/ビオトープ管理士 他
  • 建築職人マイスター専攻科
    建築職人マイスター専攻科

    大工・左官など伝統の匠の技と合わせて建築の設計・施工も学ぶ。

    目指せる職種
    大工職人/左官職人/設計士 他
    目指せる資格
    建築大工技能士/左官技能士/施工管理技士/建築士 他